デジタルノマドワーカーとして生活するためには?

ノマドとは

「ノマド」とは、遊牧民や放浪者を意味する言葉であり、ノマドとして生活を送る人のことをノマドワーカーと呼びます。

「ノマドワーカー」とは、時間や場所に囚われずに働く人のことを指します。また、ノマドとは、ワークスタイルの形を指す言葉であり、ノマドとして活動する人は世界中にいると言えるでしょう。

ノマドワーカーとしての活動

ノマドワーカーとしての具体的な活動としては、フリーランス として個人で仕事を受注し業務を遂行する形や、会社員が出勤する必要のない日にオフィスではない場所で仕事をすることなどがあります。

ノマドとは、ワークスタイルを指す言葉であるために、ノマドワーカーの数だけその活動の種類はあるといえます。

ノマドワーカーとしての活動の多くは、パソコンなどを活用とした仕事が多くを占めますが、それに限らず、カメラマンや旅行をしながら仕事をするワーキングホリデーなどの場合でもノマドワーカーとして活動することは可能です。

デジタルノマドとは

デジタルノマドとは、ノマドと同じように場所や時間に囚われずに仕事をし生活を送るワークスタイルのことを指す言葉です。また、日本では、「海外ノマド」と呼ばれることもあります。

ITを活用する仕事

デジタルノマドとは、ITを活用するワークスタイルであるためにパソコンやインターネット環境が必要となります。

また、仕事によって必要なスキルは異なりますが、ITスキルも必要となるでしょう。具体的な例として、プログラマーとしてデジタルノマドを行うのであれば、必要なプログラミング言語、アルゴリズムの理解などといったスキルが必要となるでしょう。

拠点を変えるワークスタイル

デジタルノマドとは、拠点を変えるワークスタイルとして認知されています。拠点を変える周期やタイミングは各デジタルワーカーによって違いますが、場所に囚われない働き方であるデジタルノマドは人によっては魅力的な働き方と言えるでしょう。

「ノマド」との違い

「ノマド」と「デジタルノマド」の根底的な意味としては双方同じ意味としてとらえて問題ないでしょう。違う箇所としては、ノマドは業種に特に決まりはないですが、デジタルノマドに関しては、パソコンやインターネット環境、ITスキルを駆使した仕事をするワークスタイルであるために双方の仕事内容に違いがあると把握するとわかりやすいといえます。

上記の図のようにノマドというワークスタイルの中にデジタルノマドというワークスタイルがあると理解することで双方の違いはわかりやすいと言えるでしょう。

ノマドワーカーとして生活するには

ノマド」、「デジタルノマド」双方を含めたノマドワーカーとして生活するためには何に気をつければ良いでしょうか。ここでは、ノマドワーカーとして生活するために必要となる事柄について紹介します。

収入源を確保する

ノマドワーカーとして生活するためには、収入が必要となります。そのために自分自身が稼ぐための武器が必要です。収入源を確保できるまではノマドワーカーとしての活動は行えないと言えるでしょう。

また、継続的に仕事を行えるような環境を構築することでノマドワーカーとしての生活を行えるといっても過言ではありません。絶えず案件を貰えるようにするためには、自分自身のプロデュースも重要となります。

自分自身をプロデュースする

SNSなどを駆使し自分自身をプロデュースすることで自分の存在を周りに周知させることはノマドワーカーとして生活する上でとても重要なストラテジーとなるでしょう。

個人の価値を自分で上げ、スキルを駆使し仕事を遂行し結果がついてくると案件をもらうことがあります。自分が動くことなく案件を貰えるだけでも仕事に困ることは少なくなるでしょう。

ノマドワーカーとして生活を行なっているほとんどの人は自分自身のプロデュースを行いSNSなどを通し自分自身の情報を発信し生活をしている傾向にあります。

自分のビジネスを始める

案件を貰い業務を遂行し収入を確保する選択肢の他には、自分自身が自分のビジネスを作ることも選択肢としてあるといえます。自分自身のビジネスを始めることは簡単ですがビジネスをマネタイズし、生活の収入として稼ぐためには地道な努力と情報が必要といえます。

自分のビジネスを始める選択肢または、案件を遂行し業務を行う選択肢がノマドワーカーとしてはありますがどちらの選択肢を取っても日々の仕事に対する情熱と努力は絶やすことなく継続する必要があるといえます。

必要なことを理解しよう

ノマドワーカーは場所や時間に囚われずに働く働き方です。行きたい場所で仕事をすることができることにより魅力的な働き方であると感じる人もいるでしょう。

しかし、場所や時間に囚われなくなっても仕事をしなくては収入は入ってきません。ノマドワーカーとしてのライフスタイルを考えている人は今から自分の強みの部分を伸ばし自分自身をプロデュースすることを始めましょう。

最新情報をチェックしよう!