sohoとは?メリット・デメリットとオフィスとの違いを解説!

sohoとは

「soho」とは、「Small Office Home Office」の頭文字をとり略した言葉です。また、「住居兼事務所の物件で自宅と仕事場を一体化し仕事をするワークスタイル」のことを指す言葉です。

sohoとして働くにあたり、どのようなメリットやデメリットを得ることができるでしょうか?ここでは、在宅ワークやフリーランスとsohoの違いを始めメリット・デメリットについて紹介・解説します。

在宅ワークとの違い

在宅ワークとは、在宅で仕事をすることを指す言葉です。sohoと在宅ワークの間には、少しニュアンスに違いがあると言えるでしょう。

在宅ワークは、本業よりも副業として使用される頻度が高い言葉です。それに対し、sohoは、個人事業主や小規模の会社が多く、本業として働く場合に使用されることが多い言葉として捉えておきましょう。

フリーランスとの違い

sohoは先述した通り、本業として個人事業主や小規模の会社が該当する言葉ですが、フリーランスは、サラリーマンとして働く場合にも該当することがあります。

sohoとフリーランスの違いとしては、働く場所の拠点がどこかによってsohoであるか、フリーランスであるかを判別することができると言えるでしょう。

soho向け物件とオフィスの違い

soho向け物件とオフィスとの大きな違いとして挙げることができるのは、営業可能な職種があるかないかです。そのほかの違いとしては、契約の違いを挙げることができます。

soho向け物件の場合は、契約する際は住居契約ですが、オフィスの場合には事務所契約であるために契約上の違いがあるといえます。

soho向け物件を利用するメリット

ここでは、soho向け物件を利用することでどのようなメリットを得ることができるかについて解説します。会社に通勤することがなくなるために通勤がなくなるメリットをはじめとした複数のメリットがあることを理解しましょう。

寝泊りをすることができる

事業用契約をしているオフィスの場合では、基本的にオフィスで寝泊りをすることつまり暮らすことはできません。住居兼事務所であるために自分の自由な時に同じ物件内で睡眠を取れることは効率が良いといえメリットとして捉えることができるでしょう。

コストを抑えることができる

soho向け物件を利用することで事務所を借りるよりもコストを抑えることができます。soho向け物件の初期費用の内保証金(敷金・礼金)がオフィス物件と比べ負担が減る場合が多いと言えるでしょう。

また、退去時に必要となる費用もオフィス物件と比べると住居兼事務所であるsoho向け物件である方がコストを抑えることができるでしょう。

通勤がなくなる

住居兼事務所として物件を利用するためにオフィスに通勤する移動時間がなくなることは大きなメリットとして挙げることができるでしょう。

通勤の移動時間を削ることができるために移動時間であった時間を仕事やプライベートの時間として使用することができます。

自分のペースで仕事をすることができる

sohoというワークスタイルで働く場合には、自分でペースを決めて仕事をすることができます。その分、企業がスケジュールを決めるサラリーマンよりセルフマネジメントやタイムマネジメントが重要となります。

毎日決まった時間で業務を行うことや毎日時間配分を変えて仕事をすることができる自由度の高さはメリットとして捉えることができるでしょう。

soho向け物件を利用するデメリット

soho向け物件を利用することで魅力的なメリットを多く得ることができる反面デメリットもあることを把握しましょう。実際にsoho向け物件を利用する前からデメリットを知っているのと知らないのとでは大きな差があるといえます。

利用前からデメリットを把握することで自分なりの対策法を立て対策を行いましょう。ここでは、デメリットとともに、対策法も紹介します。

仕事とプライベートが混合する

住居兼事務所物件であるために、仕事とプライベートが混合することは大きなデメリットとして捉えることができるでしょう。仕事とプライベートが混合することで仕事に支障が出てしまっては大きな損害となってしまいます。

対策法としては、1Rのような1つの空間ではなく、1LDKのようにプライベートと仕事の空間で扉や壁などで空間を区切ることを挙げることができます。

仕事の時間を自分で定め時間になったら仕事の空間に行き仕事を行い無駄に仕事とプラベートの空間を行き来せずにしっかりと区切ることが大切となるでしょう。

セルフマネジメントが必要

soho向け物件を利用し、sohoとして働く上でセルフマネジメントは必須なスキルとして挙げることができます。自分自身をコントロールすることで仕事とプライベートとの区切りやメリハリをつけることができます。

セルフマネジメントに自信のない人はsohoをしての働き方は向いていないと言えるでしょう。しかし、セルフマネジメントに自信がなくても鍛えることでそのスキルを身につけsohoとして働くことは可能であるために自信のない人はセルフマネジメントを鍛えることから始めましょう。

対策をとれば効率的な働き方

sohoとして働くことはデメリットを把握し対策を取ることができれば通勤などの移動時間を削ることができるなどのメリットが多くあるためにとても効率的な働き方であると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!