sohoとして活動する上での最適な職種とは?【知っておくべき注意点も紹介!】

sohoとテレワークの違い

soho,テレワーク,

sohoとして活動する上での最適な職種や注意点の紹介の前にここではテレワークとの違いについて紹介します。また、次には、ノマドとの違いを紹介します。それぞれとの違いを把握しましょう。

sohoとテレワークとの違いに関しては、テレワークは自宅やコワーキングスペース、基本的に自宅で仕事を行う場合にはsohoと同意ですが、コワーキングスペースや職場や自宅から離れたところで仕事を行う場合には、違いが生まれるといえます。

sohoとテレワークでは、一部を除き働く場所において違いがあるといえます。

sohoとノマドの違い

soho,ノマド,

sohoの場合では、基本的に自宅兼事務所であるために作業する場所は、自宅となります。それに対し、ノマドは、時間や場所に囚われずに働くためにテレワークと同様にsohoとノマドの間には、働く場所において違いがあるといえます。

sohoで仕事をする上での注意点

注意点,soho,

ここでは、sohoとして活動する上で知っておくべき注意点について紹介します。また、soho向け物件についての注意点も合わせてここでは紹介します。

入居前にsoho利用の旨を伝える

入居してかたsohoの活動を無許可で行うのは、万が一バレてしまった場合の代償が大きいために入居前にsohoとしての利用の旨を伝えるようにしましょう。

管理会社や物件のオーナーからの了承を得て初めてsohoとしての活動を行うことができます。管理会社や物件のオーナーからの許可を得ずに活動をすることも可能ですが、トラブルを避けるためにも入居前に確認することが最善の選択であるといえます。

収入を安定させるために工夫をする

sohoとしての活動を個人で行う際には、収入が安定しにくいといえるでしょう。案件を受注するにしても1人で行うには、自身の単価を上げるか量をこなすかの選択しかありません。

収入を安定させるために、どちらかの選択肢を徹底的に磨き上げる必要があるといえます。そのためにも日々の活動の努力が必要であるといえるでしょう。

デスクなどの備品を自分で用意する必要がある

sohoとして活動する際には、デスクや椅子などを自分で用意する必要があります。レンタルオフィスなどとは違いデスクや椅子などの備品を自分で用意する必要がある点は注意点の一つとして挙げることができます。

しかし、自分で用意できるために空間を一から自分色に染めることができると考えるとやりがいがあるといえるでしょう。自分が仕事とプライベートの区切りを行えるような空間づくりを行うためにも工夫をしましょう。

一般入居者への配慮をする

sohoは、住居と仕事場が一体化している空間を指す言葉であるためにマンションやアパートメントの場合では、他の一般入居者への配慮がとても重要となります。

クレームが頻繁に入るようになると最悪の場合強制退去もあり得るといえます。周りの入居者と円滑な関係を築くことを心がけましょう。

表札や看板を設置することが不可能

sohoとして活動する際には、会社の表札や看板を設置することは基本的に不可能であるといえます。部屋番号などが記載されてれば問題なく郵便物は届くために問題はありませんが稀に来客が来る場合であるとわかりづらいといえるでしょう。

sohoに向いている職種

職種,soho

ここでは、sohoに向いている職種について紹介します。また、前述した通り注意事項に気をつけながらsohoとしての活動を行う必要があります。

アパレル販売などを含めた物販や不特定多数の人が出入りするような職種の場合には、一般入居に迷惑をかけることでのトラブル発生などをはじめとしたデメリットが多くなるためにsohoに向いていないといえるでしょう。

また、sohoでの活動においてクラウドソーシングサイトなどで案件を受注することも可能であることを把握しておきましょう。

フリーデザイナーなどのデザイナー職

デザイナー職と行っても基本的には、パソコンを使用したデザイナーでの活動が多くのデザイナー職として存在するでしょう。photoshopやillustrator、InDesignを利用したグラフィックデザイナーなどもsohoに向いている職種であると言えます。

また、webデザイナーのようなサイトのデザインを担当する職業もsohoに向いている職種であるといえるでしょう。しかしwebデザイナーの場合では、サイト内のコーディング等も担当するためにプログラミングの知識も必要であるといえるでしょう。

webディレクターなどのディレクター職

webディレクターなどのディレクター職もsohoに向いている職種であるといえます。クラウドソーシングやコミュニケーションツールが発達している現在では、実際に合うことをせずにもディレクション業務を行うことは可能です。

しかし、ディレクター職の場合には、管理能力を含めた多くのスキルが必要となるためにスキルが必要となるでしょう。

プログラマーなどのプログラミング職

プログラミング職もsohoに向いている職種であるといえます。案件を受注する際のためにいくつか言語を理解できている状態であると有利であるといえるでしょう。

また、プログラミング職は多くの需要があるために実績を着実につけていき、案件を受注できるようにしましょう。プログラミングを使用した案件もクラウドソーシングサイトに案件募集があるので応募してみましょう。

フリーライターなどのライティング職

フリーライターなどのライティング職もsohoに向いている職業であるといえるでしょう。フリーライターとして活動することはパソコンと体一つで活動することができます。

sohoに向いている職業としてここでは、4つの職業を紹介しました。他にも注意事項を守れる職業であれば、sohoに向いている職業であるといえるでしょう。

sohoとして活動するために

sohoとして活動するために

sohoとして活動するためにはsoho向け物件に住むのが最善の策であるといえます。「soho」の言葉が認知されるようになり多くの不動産(仲介)会社でsoho向け物件を扱うようになりました。

soho向け物件に入居し安全で自分にあったワークスタイルを築けるように日々の努力を今後も継続するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!