イントレプレナーシップを発揮するためには?

イントレプレナーとは

イントレプレナーとは

イントレプレナーとは、主に企業内で活躍する人材のことを指す言葉で「社内起業家」とも呼ばれます。また、「企業内での新規事業や新しいビジネスを始める際にリーダーを担う人」のことを指します。

企業を拡大するために必要な人材

イントレプレナーは、企業にとって新しいチャンスをものにし企業自体を拡大するために必要な人材であるといえるでしょう。

企業を拡大・成長するために任命されたイントレプレナーには、誇りを持って良いといえるでしょう。その分責任感と求められるスキルを持つことが重要となるでしょう。

アントレプレナーとの違い

アントレプレナーは0から1を創り上げる人材を指す言葉であるのに対しイントレプレナーは、1からモノを創り上げる人材のことを指します。

イントレプレナーは、企業内でリーダーシップを発揮する必要があるので企業の方針や意向を汲み取る必要があります。また、経営陣の判断により計画していた新規事業の打ち切りの場合もあるためにアントレプレナーと比べると自由度低いといえるために自由度に違いがあるといえるでしょう。

また、アントレプレナーは0から創り上げイントレプレナーは1から創り上げることで創り上げるスタートラインにも違いがあります。

イントレプレナーシップとは

イントレプレナーシップとは、イントレプレナーである人が持つべき精神であり、「社内起業家精神」と位置付けることができるでしょう。アントレプレナーシップは、「起業家精神」といて呼ぶことができます。

イントレプレナーにおいて必要なスキル

イントレプレナーにおいて必要なスキル

イントレプレナーとして力を発揮するためには、どのようなスキルが必要となるでしょうか。企業が求める人材であるために必要なスキルについてここでは紹介します。

マネジメントスキル

アントレプレナーとしても必須のスキルですが、イントレプレナーとして活動する際にもマネジメントスキルは必須なスキルであるといえるでしょう。

新規事業の計画を立てるマネジメントや新規事業に向かうためにタイムマネジメントも必要となります。また、同様に計画に対するリスクも考えなければいけないためにリスクマネジメントも必要となるでしょう。

リーダーシップ

リーダーシップはイントレプレナーとしては必須であるスキルと言っても過言ではありません。企業からイントレプレナーとして新規事業開拓の役を任された以上イントレプレナーはリーダーとして行動する必要があります。

自分の色をだしリーダーシップを発揮することで周りが協力的になるかそうではないかか決まります。時には一見不可能な要求が企業から要求されることもあるかもしれません。

そのような場合であってもリーダーシップを発揮し、結果のことを考えずにできる全てのことを行い計画を立て行動を始めましょう。結果が期待していないものであった場合にはできることを全て行ったレポート等をしっかりと企業に提出する必要があります。

分析スキル

イントレプレナーとして行動する際には分析スキルも必要になるでしょう。新規事業にあたっての市場分析や顧客の分析、競合の分析など多くの分析を行う必要があります。

分析をすることで新しい発見があることもあります。分析を行うことをせずに新規事業に対し進むことの成功する確率は限りなく0に近いといえます。

俯瞰して物事を見ることができる

イントレプレナーとして行動し一生懸命走っていると周りが見えなくなることが時にあるかもしれません。その時こそ物事を俯瞰して見て問題点や不足している事柄に気づくことができるかがイントレプレナーとしてのポイントであるといえるでしょう。

俯瞰して物事を見るためにも多くのタスクに追われながらも余裕を持って行うことは重要なポイントであるといえます。

強いメンタル

社内で必要となる人材であるために新規事業のリーダーとして行動する際には、新規事業に対するマイナス、ネガティブな意見が飛んでくる場合があります。

そのような意見に挫けずに立ち向かうことができるメンタル面を持っているかは非常に重要なイントレプレナーとしてのポイントといえます。

イントレプレナーとして力を発揮するには

イントレプレナーとして力を発揮するためには

イントレプレナーとして力を発揮するためには、前述したスキルを持ち合わせ行動することができる行動力が必要になるでしょう。企業に新しい価値を見い出すことのできるイントレプレナーとして任命された責任感とやりがい、その重要性を再確認し行動することを始めましょう。

最新情報をチェックしよう!