「ベンチャーキャピタル」とは?わかりやすく解説!

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタル,VC,とは,

ベンチャーキャピタル(VC)とは、ベンチャー企業やスタートアップ企業など未上場企業に対して出資を行う組織のことを指します。出資を行う目的としては、投資先の企業が成長し上場した後に株式や事業を売却することでキャピタルゲインを得ることを目的としています。

銀行との違い

企業に対し出資すると言う面でベンチャーキャピタルと銀行は似ていますが、その違いとは何でしょうか?銀行から出資を受ける際には「融資」という形になり返済が必要となります。

一方で、ベンチャーキャピタルからの出資の場合には、「出資」という形になり返済の必要はありません。企業に出資するという面で見た場合には、銀行とベンチャーキャピタルには大きな違いがあると言えるでしょう。

ベンチャーキャピタルの種類

ベンチャーキャピタルには大きく分けて「独立型」、銀行などが手がける「金融機関系」、事業会社が手がける「コーポレート系」、「大学系」、「地域系」に分別することができます。ここでは、独立系・金融機関系・コーポレート系・政府系・大学系について紹介します。

独立型ベンチャーキャピタル

独立型ベンチャーキャピタルとは、親会社が存在せずその名の通り独立したベンチャーキャピタルが投資を行なっいる特徴があります。しかし、各独立型ベンチャーキャピタルには特色があるのも特徴であると言えるでしょう。

金融機関系ベンチャーキャピタル

金融機関系ベンチャーキャピタルとは、メガバンクや地方銀行をはじめとした金融機関のベンチャーキャピタルを指します。

コーポレート系ベンチャーキャピタル

コーポレート系ベンチャーキャピタルとは、CVCとも呼ばれ大手企業(事業会社)が自社の事業とのシナジーを生む可能性のあるベンチャー企業に向けて投資を行う組織のことを指します。

大学系ベンチャーキャピタル

大学系ベンチャーキャピタルとは、大学で生み出された研究や技術を事業にするために組織されているベンチャーキャピタルです。東京大学をはじめ、京都大学、東北大学、東京理科大学など複数の大学VCが存在します。

地域系ベンチャーキャピタル

地域系ベンチャーキャピタルとは、地域に特化した事業を行う企業に対しその地域ごとに置かれるベンチャーキャピタルを指します。投資の主な目的としては地域活性化・地域創生を目的としているケースが多いといえます。

ベンチャーキャピタルを利用するメリット

経営ノウハウを提供を受けることができる

ベンチャーキャピタルから出資を受けることが決まったのならばベンチャーキャピタルは出資した企業には成功する可能性が見えると考えているはずです。

その手助けとなる経営ノウハウを出資先の企業に提供することもあります。経営ノウハウを提供してもらえることで学ぶべきことが多くあると言えるでしょう。経営ノウハウを提供してもらえることは大きなメリットであると言えるでしょう。

事業提携先を紹介してもらえる可能性

資金を受けるベンチャーキャピタルが投資を行なっている企業を事業提携先として紹介してもらえる可能性もあることは大きなメリットであると言えるでしょう。

事業提携をすることで事業が成長し拡大することは企業・ベンチャーキャピタルに両者にとってメリットがあることから積極的に事業提携先を紹介するベンチャーキャピタルもあることを把握しておきましょう。

資金を得ることができる

ベンチャーキャピタルをを利用することで資金を得ることができます。ベンチャー企業からすると大きな目的であると共にメリットでもあるでしょう。

ベンチャーキャピタルを利用するデメリット

ここでは、ベンチャーキャピタルを利用することで起こり得ることのあるデメリットについて紹介します。ベンチャーキャピタルを利用することを考えている場合には、デメリットも事前に徹底的に調べておきましょう。

経営に対して干渉を受ける可能性

株式を譲る代わりにベンチャーキャピタルからの出資を受けたことで株式の比率が変わることがあれば自分が思い描くような経営を行うことが難しくなることがあるといえます。比率が変われば、事実上の経営権はベンチャーキャピタルが保持することになります。

経営に対して鑑賞を受ける可能性がある点は自分が思い描く経営をお香ことができなくなる可能性があるためにデメリットとして捉えることができるといえます。

足切りされる可能性

ベンチャーキャピタルは企業の成長や上場を期待しています。そのために、企業の将来性や事業の将来性がなくなった場合には、足切りされる可能性があります。これもデメリットとして紹介することのできる事実でしょう。

最新情報をチェックしよう!