シェアリングエコノミーとは?日本で利用できるサービスも紹介!

シェアリングエコノミーとは

シェアリングエコノミー,とは

「シェアリングエコノミー(共有経済)」とは、モノ・スペース・スキルといった遊休資産をインターネットを介することで共有するかたちを指す言葉です。

日本では、自転車や車などをシェアする形や不要になった「モノ」をインターネットを介し売買する形、普段使用しない「スペース」を必要としている人に時間貸をする形など多くの形が存在します。

シェアリングエコノミーの市場規模

シェアリングエコノミー 協会によると、シェアリングエコノミーの市場規模は、現状のペースで成長した場合に30年度には11兆1,275億円にまでも成長するとしています。

急成長を遂げるシェアリングエコノミー市場はこれからも多くのサービスが展開されるでしょう。多くのシェアリングエコノミーサービスが存在するために利用しようと考えている人も多いと言えるでしょう。そこでシェアリングエコノミーサービスを利用することでのメリット・デメリットを紹介します。

シェアリングエコノミーのメリット

メリット,シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーではどのようなメリットが生じるでしょうか?ここでは、シェアリングエコノミーでのメリットを紹介します。

低料金でモノやサービスの利用可能

シェアリングエコノミーでモノのシェをする場合には、購入するよりも低料金での利用をすることができます。また中には月額料金を払うことで月単位で「使い放題」することもできるサービスが展開されています。

宿泊する際の「宿泊」をキーワードに取ってみると都内であればホテルに宿泊すると1泊安くても3万円程度は掛かってしまうでしょう。

しかし、「airbnb」が展開している「民泊」を利用することでより安価に宿泊することが可能になるでしょう。また、家族での旅行での宿も民泊を利用することでより安価に宿泊することが可能となるでしょう。

遊休資産の活用

今まで利用していなかったモノやスペースなどをシェアリングエコノミーサービスを介して活用することで遊休資産の活用をすることができます。空き地や普段使用していないスペースを駐車場として利用することのできるサービス「akippa(アキッパ)」などが具体的な例として挙げることができるでしょう。

サステイナブルな社会の実現

シェアリングエコノミーでは、本当に必要なモノや価値を見つけ出すいい機会となるでしょう。購入するものは本当に必要なものになることや購入したものは大事にするまたはシェアするなどの変化が生まれます。

また、働き方に関しては個人が活躍することのできる機会が多くなり個人の強さが問われるでしょう。遊休資産の活用やスキルの活用などにより収入の複数化が当たり前の時代になると言えるかもしれません。

シェアリングエコノミーのデメリット

デメリット,シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーでは、メリットも多くありますが、デメリットもあるのが事実です。シェアリングエコノミーサービスを利用する前に起こりうるデメリットについて理解しましょう。

双方の信頼が必要

シェアリングエコノミーでのシェアを利用する際には各サービス会社のプラットフォームからの貸し手と借り手のマッチングが行われます。その中でどちらかに不満や条件の違いによるトラブルがないとも言い切れません。

その為に、双方の信頼が必要であるといえます。また、利用するシェアリングサービスの中で独自の審査などがある会社といった信頼性の会社のサービスを利用した方が良いと言えるでしょう。

法律の整備が追いついていない

シェアリングエコノミーは、まだまだ新しい事業分野のサービスである為に法の整備が十分であるとはいえません。しかし、2017年6月に住宅宿泊事業法(民泊法)が成立したように分野によっては整備されているとも言えるでしょう。これからシェアリングエコノミーに関する法律の整備が行われるとも言えるでしょう。

具体的なシェアリングエコノミーの例

シェアリングエコノミーサービス,例

ここでは、日本で実際に展開されているシェアリングエコノミーの具体例を紹介します。シェアリングエコノミー理事である株式会社ガイアックスはシェアリングエコノミーは大きく分類して「モノのシェア」、「場所のシェア」、「移動のシェア」、「スキルのシェア」、「お金のシェア」に分類することができると考えています。今回はこの5つについて紹介します。

モノのシェア

air Closet(エアークローゼット)

air closet(エアークローゼット)」とは、月額料金を払うことでコーディネートがその人に合った服をコーディネートのアドバイスや自分の好みから選択できレンタルすることができるサービスです。

服を購入する際にどうしても自分のセンスや高いと感じてしまう人にはアドバイスを元にレンタルできるので使い勝手の良いサービスであると言えるでしょう。

Anyca(エニカ)

Anyca(エニカ)」とは個人で所有している車を貸し借りすることができるサービスです。車を所有しているけれどあまり乗ることがない人にとっては魅力的なサービスであると言えるでしょう。

また、借りる側にとっても購入することをせずに一日限定で高級車をレンタルすることができるのは魅力的なサービスであると言えるでしょう。

場所のシェア

SPACEMARKET(スペースマーケット)

「SPACEMARKET(スペースマーケット)」では、貸切のレンタルスペースを1時間単位で借りることができるサービスです。その利用目的は多く飲み会からビジネスでの利用まで多くの利用目的からスペースを借りることができます。

akippa(アキッパ)

「akippa(アキッパ)」とは、個人で保有しているスペースを駐車場として貸し借りすることのできるサービスです。現地で駐車場の空きスペースを探す手間がなくなることや、低価格で利用することのできる点などメリットが多いサービスであると言えるでしょう。

移動のシェア

ハコベルカーゴ

ハコベルカーゴ」とは、運送会社の仲介をハコベルカーゴが行いスムーズな荷物の運送を行なってくれるサービスです。具体的には、荷物を運びたい人と、荷物を運ぶことのできる配送業者をマッチングさせることでスムーズな手続きを実現させています。

notteco(ノッテコ)

notteco(ノッテコ)」とは、ドライバーと車が必要な移動をしたい人をマッチングさせるサービスです。ドライバーと同乗者が相乗りすることで楽しい移動時間の共有や移動費用などの割り勘など移動時間を楽しく過ごすことのできるサービスであると言えるでしょう。

スキルのシェア

nutte(ヌッテ)

「nutte(ヌッテ)」とは、ものづくりのプロフェッショナルが個人のアイデアを形にするサービスです。OEM会社を介して被服を生産する場合には、小ロットとなり費用が高くなりますが、nutteを介することで費用を抑えることや個人で活動するものづくりの作り手が活躍できる場を実現しています。

shufti(シュフティ)

shufti(シュフティ)」とは、主婦をターゲットに絞りあいた時間で持ち合わせているスキルで在宅ワークの案件を受注するサービスです。案件の数は多くまた、スキルが必要のない案件も中にはある為に育児などで外に働きにでる時間がない主婦にとっては在宅できる案件を受注できるのはメリットが大きいと言えるでしょう。

お金のシェア

campfire(キャンプファイヤー)

「campfire(キャンプファイヤー)」とは、クラウドファンディングを行うサービスであり、購入型や寄付型などの種類もあります。具体的には、プロジェクトを提案しプロジェクトに対し応援したいと思うパトロンする人に向けてリターンを提案しプロジェクトを始めるスタートをきる準備をする後押しをするサービスとなります。

MOTION GALLERY(モーションギャラリー)

「MOTION GALLERY(モーションギャラリー)」クラウドファンディングサイトでありアートや音楽、芸術などのクリエイティブなクリエイターの支援に力を入れているサービスです。また、「コンセプトファンディング(設定金額以上の資金調達成功時に資金調達の実現が可能)」「プロダクションファンディング(集まった金額を全て資金調達が可能)」の2種類の方法があります。

まとめ

シェアリングエコノミーサービス

シェアリングエコノミーサービスはモノや個人の可能性を上げるサービスであると言えるでしょう。しかし、既存で存在する事業者との関係がどうなるかなどの課題もあります。まだまだ成長中であるシェアリングエコノミーの市場はこれからも注目の市場であると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!