CEOの意味とは?社長との違いも分かりやすく紹介!

CEOとは

CEOとは「Chief Executive Officer」の略であり、日本では、「最高経営責任者」と訳されます。企業においての最高の責任者であり役職とされています。イメージの中では企業・会社の最高の責任者は社長であると考える人も多いでしょう。

そこでここでは、社長や代表取締役とCEOとはどのような違いがあるかについて紹介します。

CEOの意味

企業の中で「CEO」を使用する場合があるのは、外資系の企業が他藩数であると言えるでしょう。しかし、日本でもベンチャー企業をはじめとした企業の中には「CEO」といった肩書きで活動する人も多く見られます。

社長との違い

CEOと社長の違いとしては、CEOは会社の業務執行役員においてのトップをさすことです。それに対して社長は会社のトップをさす言葉です。

日本の企業においては社長とCEOの仕事の両方を遂行している場合がほとんどであるためにベンチャー企業などでは、社長やCEOなどが使用されていることがあります。

代表取締役との違い

代表取締役とは、取締役会の代表であることをさす言葉です。日本における企業においては、日本の会社法が適用されます。そのために会社法に乗っ取ると企業では、「代表取締役」が最も権限が大きい役職であると言えるでしょう。

しかし、企業によっては会長が存在するケースもあるので企業によって細かい上位関係は変わることに注意が必要です。

また、代表取締役と社長を兼任している場合も多く見られます。そのような場合には、「代表取締役社長」として活動することもあります。

名刺で表記する際の例

ここでは、名刺を作成する際に表記する例について紹介します。

代表取締役兼CEO

名刺で使用する場合には、「代表取締役兼CEO」、「代表取締役CEO」、「代表取締役社長兼CEO」と表記されることがあります。

代表取締役とCEOを兼ねることで会社においてのトップである存在であるとより強調することができるでしょう。

CEO

名刺でCEOを表記する場合には、外資の企業もしくは自分で会社を立ち上げた時にCEOとして活動する時に表記することができるでしょう。そのためにベンチャー企業などでは、名刺にCEOと表記するケースがよくあるといえます。

代表取締役社長

株式会社での法人登記で取締役が1人十時には、名刺での表記は「代表取締役」となるでしょう。また、複数の人数の中でのトップと印象つけるには、「代表取締役社長」と明記することが多いといえます。

まとめ

CEOと社長、代表取締役では、それぞれに少しずつ意味の違いが出てきます。そのために名刺などで表記する際には、「代表取締役社長兼CEO」や「代表取締役社長」などといった表記にすると良いといえます。しかし、CEO単体で表記することもベンチャー企業などの場合では可能であるといえます。

最新情報をチェックしよう!