COOとは結局どんな役職?役割は?

COOとは

COOとは、「Chief Operations Officer」の略で日本では、「最高執行責任者」として訳されます。また、会社での業務執行を統括する役員として認識することができるでしょう。

ここでは、COOと聞いてもあまりその役職のイメージがつかない人に向けて分かりやすくCOOについて紹介します。

CEOとの違い

初めにCOOの上の役職としてCEOという役職があります。CEOは主に社長や会長といった会社全ての業務の執行を統括する人材が立つ立場としての役職です。

それに比べ、COOは会社の事業において業務執行を統括する人材として立べき役職です。そのために、COOは、会社でのNo.2として活動する場合が多いと言えるでしょう。

また、CEOやCOOのように「C●O」のような役職を持つ企業がベンチャー企業をはじめとした企業で多くなっている理由としては各役職でのプロを適材適所することで最大限の力を発揮することができ企業としても成長することができるからだと言えるでしょう。

COOの役割

一般的に期待されるCOOの役割としては、CEOが描くビジョンを理解しビジョンを実現するために現状の会社の状態を把握した上で事業を成長させるのが役割であると言えるでしょう。

また、COOを通して各ポジションとの連携も密に取ることで会社全体に一体感が生まれ同じベクトルの方向を見ることができるといえます。

COOに必要なスキル

COOに必要なスキルなどについてここでは紹介します。また、ここで紹介するCOOに必要なスキルは最低限に必要となるスキルです。

マネジメント経験

はじめに事業執行の統括を行う役職であるためにマネジメントの経験は必須であると言えるでしょう。また、マネジメント経験だけではなく現状の会社の状況と計画の差に必要な事柄を見つけ出き、解決策を見いだすことのできるスキルも必要であると言えるでしょう。

業務執行を統括するCOOは、会社の未来を見るCEOとは違い現状把握と問題解決、実績が必要とされる役職であるためにハードルが高く、責任感のある役職であると言えるでしょう。

No.2としての役割

COOは会社のNo.2としての役職と言われており、COOが優秀であればあるほど会社として事業を成長することができると言えるでしょう。そのために、事業を成長させるCOOのオリジナリティの戦略が必要であると言えるでしょう。

まとめ

COOとは、「Chief Operations Officer」の略で、「最高執行責任者」とされています。会社ではNo.2の役職とされ、COOの腕前で企業や事業の成長スピードが変わるといっても過言ではないほどに鍵を握る重要な役職であると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!