CFOとは?企業にもたらす役割を紹介!

CFOとは

CFOとは、「Chief Financial Officer」の略で日本では「最高財務責任者」と訳されます。CxOの役職であるためにFinancialつまり、財務関係の統括を行う役職であるといえます。

具体的には、会社の資金調達や、予算の管理、企業会計、企業財務といった面の責任者であるといえます。また、経営陣の1人であるためにfinancialの知識だけではなく、経営についての知識や経験も必須となる役職であるといえます。

ここでは、CFOについての基本的な情報をはじめとしてCFOが企業にもたらす役割やCFOになるために必要な経験やスキル、役に立つ資格について紹介します。

CEO・COOとの違い

CEOとは、「Chief Executive Officer」の略で、「最高経営責任者」と日本では訳される役職です。CEOとは、CxOといった意味では、重なる部分もありますが、その仕事内容は違うと言えるでしょう。

また、COOChief Operations Officer)とも仕事内容に違いがあるといえます。CEO・COOの両者と共通してCxOという役職の呼び方は似ていますが、その仕事内容には大きな違いがあるといえます。

CFOの役割

CFOが企業にもたらす役割としてはじめに挙げることができる事柄としては、財務関係の面でしょう。企業の資金調達や運用、予算の管理、資源(人、モノ、金)をどの事業に投資するかなど企業の成長にとって重要な要因の鍵を握る役職です。

また、経営陣の1人でもあるためにCEOが計画する意図を的確に汲み取りどのようにして資源を事業に投資するかを経営陣の立場から見る必要もあります。そのために、CFOは企業にとって重要な役職であることは明確であるといえます。

CFOになるには

ここでは、CFOになるために必要な経験やスキルについて紹介します。また、持って置くと便利な資格についても合わせて紹介します。

CFOになるには、様々な経験やスキル、実績を合わせ持って初めてなることができる役職であると言えるでしょう。そのために誰もが簡単になれる役職ではありません。

経験やスキル

CFOになるということは企業の経営陣の1人になるということです。そのためにはキャリアとして実績や経験が必要になるでしょう。

また、仕事の内容が財務に関わることから、企業会計や財務知識は当然備えている必要があり、分析力も必要であると言えるでしょう。

役に立つ資格

CFOになるために役に立つ資格としては、「CFO資格認定」や、「FASS検定」などがあります。しかし、資格を持っているだけでは、当然CFOになることは不可能であると言えるでしょう。

属している企業や自分の会社でCFOとしての実績や経験を重ねることでその価値が上がります。そのために、CFOになるために必要なこととは、資格よりも経験やスキル、実績であると言えるでしょう。

まとめ

CFOとは、「Chief Financial Officer」の略で日本では、「最高財務責任者」と訳される役職です。CFOが企業にもたらす役割としては資金調達や資源の投資などの財務・管理の面から、経営に関わることまでを行うために役割の重要性は非常に高いと言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!