CROとはブレーキ役も担う役職!

CROとは

CRO,とは

ここで紹介するCROとは「Chief Risk Officer」の略である役職であり日本では「最高リスク管理責任者」と訳される役職です。

企業が危機的な状況になる前にリスクをマネジメントする要としての役職であり、CxOの役職であるためにCROはリスクマネジメントの統括(責任者)であるといえます。

ここでは、あまり聞きなれない「CRO」という役職についてその必要性やCHOとの違い、基本的な情報について紹介します。

CROの仕事

CROの仕事内容は主に「リスク」に関する事であると言えるでしょう。その中でも特にリスクマネジメントであるといえます。

リスクマネジメントとに似た業務としてリスクヘッジ、リスクコントロール、リスクアセスメントなどになるでしょう。また、CROは事業の成長に向け走る経営陣にストップをかけるブレーキ役としての一面も持つと言えるでしょう。

リスクマネジメントの必要性

企業にとってリスクマネジメントの必要性は大いにあると言えるでしょう。業種によって各企業のリスクは異なりますが、共通して「自然災害」や「法的なリスク」、「製品の責任リスク」、「環境リスク」その他にも細かく分類すると多くのリスクを抱えながら企業は事業を遂行することになります。

未然に防ぐことの可能なリスクの場合には、あらかじめリスクを発見対策法を取る必要があると言えるでしょう。リスクマネジメントを行わなかった場合には、行わなかった分損失が大きくなるといえます。そのためにリスクマネジメントの必要性は大きいといえます。

【リスクマネジメントに関する記事はこちら】
リスクマネジメントが必要な理由とは?
アントレプレナーとして生き抜くために必要なこととは?
トップマネジメントの組織における重要性とは?

CHOとの違い

CRO(Chief Risk Officer)と似た役職としてCHO(Chief Human Officer)という役職があります。混乱する理由としてCHOは時に「Chief Resource Officer」と呼ばれその頭文字を取るとCROになります。

そのために”Chief Risk Officer”と混乱することがありますが、その内容は違うためにその違いを把握しておきましょう。CHO(Chief Human Officer)時に”Chief Resource Officer”は、人的資源についての責任者であり、人事部門の統括、責任者のことを指します。

CROとCHOを見てみると、その呼び名は似ていますが内容は異なるために違いがわかりやすいでしょう。

CROに必要なスキルや経験

CRO,スキル,経験

CROに必要なスキルや経験はなんでしょうか。経験としては、どの企業のCROになるかによって変わると言えるでしょう。

製造業であれば、製造する工場の現場でのリスクをはじめとしたリスクをマネジメントする必要があります。そのためには、実際に製造業で働いていたキャリアがあった方が業界について理解しやすいといえます。

そのために、企業が属す業界に身をおいた経験がある方が業界の理解が深くなりCROとしてリスクを把握しやすいと言えるでしょう。

リスクマネジメント(ERM)

CROとして活動するためには、あらゆるリスクを考える必要があります。まだ起こった事のないリスクも中には提示する必要があるといえます。そのようなリスクを経営陣に伝えると聞く耳を持たない可能性があります。

そこで、CROのリスクマネジメント分析の結果であり経営陣にリスクの回避のために対策法を取る必要があると説得する必要があるといえます。自然的や法的、人的など多くのリスクが考える事ができるために、CROの役割は企業にとって重要な役職であると言えるでしょう。

まとめ

CROとは「Chief Risk Officer」の略であり、日本では、「最高リスク管理責任者」や「最高危機管理責任者」と訳されています。そのような役職のCROは、企業の事業の成長の途中にあるリスクを把握し経営陣のブレーキ役としてキーマンになるポジションであると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!