CMOとは?経営戦略には必要な重役?

CMOとは

CMO(Chief Marketing Officer)の略で日本では、「最高マーケティング責任者」と訳されます。その名前の通り企業のマーケティングに関わる現場の統括また、責任者がCMOとなります。

ここでは、CMOという役職について基本的な情報をはじめCMOのが企業担う役割、必要なスキルについて紹介します。また、CMOはCEOやCOOなどと同じくCxOと呼ばれる役職であるために、日本でいうところのマーケティング部門の部門(事業)部長という認識でよいでしょう。

CMOの役職の役割

CMOが担う企業の役割としては、企業のマーケティング戦略の提案を行い具体的な計画とともに実行までを行います。マーケティング戦略は企業に対するどのような顧客に向けて価値、サービス、価格を決定し提供するかを決定する必要があるといえます。

そのためには、マーケティングが必要となると言えるでしょう。CMOは、そのようなマーケティング戦略を立て顧客と良い相互関係を築きあげるために必要な役職であると言えるでしょう。

また、CMOが関与する領域は広いと言えるでしょう。マーケティング戦略や顧客との関係を築きあげるためには、プロモーション、アフターセールス、他部門との連携など多くの領域に関与する必要があると言えるでしょう。

必要なスキル

CMOに必要なスキルとしては、経営思考の考えを持つ事が重要であると言えるでしょう。マーケティングを行うという点で物事をとらえるのではなく、全てに繋がりがあるという線で見る必要があります。

また、物事を俯瞰して見る事で全体的のつながりをより見る事が可能になるでしょう。当然ですが、顧客へのアプローチ方法も時代と共に変化しています。そのために、変化に対応する事のできる対応力が必要と言えるでしょう。

CMOの必要性

ここでは、企業内でのCMOの必要性について紹介します。はじめに、会社(企業)自体がマーケティング活動においてのイニシアティブを持つケースが増加傾向にあるために企業ごとにCMOの重要性・必要性は変わります。

しかし、共通して言えることはCMOが担うマーケティング戦略は顧客との関係の構築、企業としての成長において欠かすことはできない項目の1つであるということができるでしょう。

CMOになるためには

CMOになるためには、マーケティングにおいてのアイデアをたくさん持つことや経営についての考えを持つことが重要であるといえます。また、CMOには、顧客との関係を築きあげるためにスタートからエンドまでを一貫して考えることができる必要があると言えるでしょう。

まとめ

CMOとは、”Chief Marketing Officer”の略であり、日本では、「最高マーケティング責任者」と訳されるマーケティングに関与する業務の統括・責任者です。そのためにCMOには、物事の流れを一貫しし俯瞰してみることのできるスキルや経営に関する考えも持ち合わせることが必要であると言えるでしょう。

最新情報をチェックしよう!