最高人事責任者(CHO/CHRO)とは戦略のパートナー?企業にもたらす役割とは?

CHO/CHROとは

CHOとは、(Chief Human Officer)の略で日本では、「最高人事責任者」と訳されます。時にCHOはCHROと呼ばれる場合がありますが、その場合も意味は同じと捉えて良いでしょう。また、CHROの場合には、(Chief Human Resource Officer)の略として使用されます。

企業は人が働くことで初めてその機能を果たすために会社にとって”人材”は非常に重要な資源となります。その人材を管理するポジションに立つことまた、CEOの理念の元従業員との間を取り持ち企業価値の向上に寄与することがCHO/CHROという役職の使命でもあります。

CHO/CHROの役割

ここでは、CHO/CHROの会社(企業)のなかでの役割について紹介します。CHO/CHROは、会社の中でも重要な役割を持つ役職であると言えます。しっかりとその役割を確認しておきましょう。

戦略のパートナー

初めに経営の「戦略パートナー」となる役割であることがあげられます。人事と言う管理業務が主だった人事部門ですが、ビジネスのせいかに貢献するために戦略パートナーとなる役割がCHO/CHROの統括する人事部門には求められるといえるでしょう。

CHO/CHROがCEOをはじめとした経営幹部に提案する戦略は実現するものではなくてはいけません。CHO/CHROの役割としては、人事部門の責任者としての戦略に対する意見や組織設計、人事戦略が事業の発展・成長に求められるといえます。

変革のエージェント

また、チェンジエージェントとも呼ばれる「変革のエージェント」としての役割もCHO/CHROには求められるでしょう。組織開発において変化を起こして行く指揮する立場として変化を推進する人と変革を受ける人との間を仲介し改革を支える役割があります。

以上の2つの項目以外にもCHO/CHROには様々な重役を担う役職であるといえるでしょう。

CHOに求められるスキル

CHO/CHROにはどのようなスキルが求めらるでしょうか。ここではCHO/CHROとして活動するために必須となるスキルについて紹介します。

高いヒューマンスキル

CHO/CHROには、従業員の心を掴む高いヒューマンスキルが求められます。ここで言うヒューマンスキルとは、従業員との人間関係を構築し円滑なコミュニケーションを行い現場の状況をヒアリングし状況を把握、そして現場また今後にどのような課題があるかを把握するためのことを指します。

高いヒューマンスキルを備えることで従業員と経営陣とのパイプ役を果たし現場把握をはじめとした、今後また今の課題を明確にすることができます。組織形成においても高いヒューマンスキルは必須であるといえるでしょう。

革新性

CHO/CHROには革新性も兼ね備える必要があります。その理由として、組織として行動する際に新しい発想や捉え方で変革(イノベーション)起こすことによって新しいアイデアを実現し成果することができるといえます。

企業や事業を成長させるにあたって革新性(イノベーション)は必須の項目であるといえるでしょう。CHO/CHROとしての立場であるからこそより革新性が求められるともいえます。

人事管理スキル

人事部門のトップとして従来の人事管理も必須のスキルであるといえるでしょう。CHO/CHROになる人材の人はどこかの期間で人事関係の職に就いたことがある経験の人がほとんどであるためにそのスキルは持ち合わせている可能性が高いですが、従来の事務作業を行う必要があるといえるでしょう。

また、新しく企業に入社した新人を企業戦略に基づき人材育成する必要もあるといえます。そのためには、企業経営の理解も必要となるでしょう。

会社・企業にとって人材は宝であるためにその人材を管理するCHO/CHROは重大な責任と役目があるといえます。そのような重役を果たすためにはCHO/CHROには高いスキルを持ち合わせている人材が対等であるといえるでしょう。

CHOと似た役職とその違い

ここでは、CHO/CHROと似た言葉である「人事部長」との違いについて紹介します。CHO/CHROを日本語で訳すと「最高人事責任者」と紹介しました。日本の会社のほとんどの場合では、最高人事責任者は人事部長である場合が多いといえるでしょう。しかし、2つの役職では少しニュアンスの違いがあることを把握しましょう。

人事部長との違い

CHO/CHROと同様な意味として使用されることの多い人事部長ですが、2つの役職には経営陣として経営に参画する権限の有無に違いがあるといえるでしょう。人事部長は、事業部長の1つとしての役職であるために経営陣として経営に参画する権限を持っていないのに対しCHO/CHROはCxOの役職であるために経営に参画する権限を持っています。

まとめ

CHO/CHROとは、Chief Human (Resource) Officerの略であり日本では「最高人事責任者」と訳されその役職の役割とは企業にとってとても重大なものといえます。そのために、CHO/CHROには高いヒューマンスキルなどといった多くのスキルを持ち経験も豊富な人材がふさわしいといえるでしょう。

最新情報をチェックしよう!