専務とはどのような役割の役職?

専務とは

専務とは

専務とは、取締役の一員として役員の1人としての人材であることを指します。会長、社長、副社長に次いで取締役会の1人であるともいえます。

また専務とは、会社によっては役職をおいていないケースもあることがあります。この記事では専務についての基本的な情報をはじめとして、どのような仕事内容で役割を求められる役職であるかについて紹介します。

取締役の一員

上記で紹介したように専務とは取締役の一員でもあります。そのために企業経営に関する重要な決定事項を協議する場に参画することができます。

取締役の一員であることから企業にとって重要な役職であると同時に企業の顔ということでもできます。大きな企業になればなるほどその役職の重要さは大きくなるともいえます。

専務は会社でどの立ち位置?

専務は企業にとって取締役の一員であることを上記で紹介しましたが、具体的にはどのような立ち位置であると言えるでしょうか。一般的に会長、社長、副社長の次にくる役職として「専務」がくると言われています。

取締役は原則1人いれば良いとされているにも関わらず企業によって専務という役員の役職を置く理由としては企業にとって必要とされる役職であるからであるといえます。そのような理由から専務が置かれてる場合には企業にとって不可欠な存在であり、経営層の立場であると言えるでしょう。

専務の役割とは

専務の役割とは

専務の企業においての役割としては、「社長の補佐」であると言えるでしょう。社長の業務が円滑に行えるように補佐をすサポートの役割を遂行する役割と言えるでしょう。

また、取締役であるために会社の意思決定など企業の運営においての重要な決断も時にする役割を担っています。社長のサポート役や企業の重要な決断の他にも企業の管理・監査業務も行うために企業にとって重要な役割を持つ役職であると言えるでしょう。

また、社長が不在の時社長業務を行う役割を持つ場合もあります。そのような緊急事態の時のためにも社長のサポートとともに企業についてのことや社長業務についても理解する必要があると言えるでしょう。

常務との違い

常務との違い

取締役の1人として「常務」という役職があります。役職名が似ていることから2つの役職は比べられることがよくあります。ここでは、常務と専務の違いについて紹介します。

はじめに常務とは、専務と同じく社長を補佐する役割を持ちます。しかし、専務との違いは常務の普段の業務として実務的な日常業務全般を行うことになります。専務よりも常務は現場に関する仕事が多くそれに比べ専務は社長の補佐をはじめとした経営に関する仕事が多い面を見ると違いが明確になるでしょう。

どちらが上の役職?

専務と常務に関してどちらが上位の役職であるかは難しい疑問ですが、社長が一番上位の役職として数えるのであれば専務の方が社長に近いために専務の方が上位の役職であるといえます。

しかし、企業によっては専務や常務といった役職が存在しない場合もあるために詳しい役職の順位は企業によって少しずつ変わってくると言えるでしょう。

まとめ

専務

専務とは、取締役の一員であり社長の補佐・サポートをはじめとした企業にとって重要な役割を担っていると言えるでしょう。そのような役職の専務は、企業や事業の成長に関して必要な役職であるといえます。

役職に関する記事はこちら

CMOとは?経営戦略には必要な重役?
COOとは結局どんな役職?役割は?

最新情報をチェックしよう!