「CIO」「CDO」「CTO」の違いと役割は?

CIOとは

CIOとは、Chief Information Officerの略で日本では、「最高情報責任者」と訳されます。情報の最高責任者と一言でいってもどのような役職で役割があるのかを理解するのは難しいでしょう。

ここではCIOとはどのような役職であり役割を持っているのかについてここでは紹介します。CIOとはCxOとしての役職であるために経営陣の一員です。

またここでいう情報とは、ITマネジメントやITを利用し事業を進めていく上でのリスクマネジメントを指します。CIOには、ITを利用した情報戦略を主に取り扱う役職と認識して良いといえます。

CIOの役割

CIOの役割としては、企業の成長のためにITを利用した情報戦略を策略することに一番の役割があるといえます。企業が事業の成長のためにITを利用することは必ずといって良いほど必須なことでありCIOのようなプロフェッショナルが戦略を立てることでより精錬された戦略を元に事業を進めることができるようになるといえます。

また、企業によっては戦略を立てることや新規開拓の役割をCIOではなく、CDOが担う場合もあるといえます。CDOとCIO両役職が存在する企業の場合にはCIOにの役割としてはITマネジメントが主な役割となるでしょう。

CDOとCTOの違い

「CIO」「CDO」「CTO」

CIOの役職と似たような役職として「CDO」「CTO」という2つの役職があります。ここでは、それぞれの役職についてまた各役職の違いについて紹介します。各役職の違いを理解することで役職の違いがわからないといった混乱を防ぐことができるでしょう。

CDOとは

CDO(Chief Digital Officer)とは、「最高デジタル責任者」とされています。CDOとは主にデジタル技術を駆使した顧客との関係構築を役割としています。そのためにCDOには、マーケティングスキルをはじめとした市場調査などをはじめとした外に向けた活動の役割が大きいといえます。

また、企業によってはCDOの役割をCMOが担う場合もあります。CDOはCMOのデジタルに特化した役割であると考えて良いでしょう。しかし、企業によって少しずつニュアンスが変化するのも注意が必要です。

CTOとは

CTO(Chief Technology Officer)とは、「最高技術責任者」とされています。CTOはCIOのように内向きな企業の成長のために役割を担う役職です。技術の責任者であるためにエンジニアの元締めとしての役割を担うと言えるでしょう。

また、AIやロボット事業が広がる中で通常の企業よりも技術の力が試される企業にとってはCTOのような技術の責任者は開発分野にとって不可欠な存在であると言えるでしょう。

それぞれとの違い

  • CIO」は、ITを利用し企業の事業の成長のために戦略を策略し実行することに役割がある役職。
  • CDO」は、CMOがデジタル領域でまかなうことのできないことを担う役割やITを利用した顧客との関係構築の役割。
  • 「CTO」は、技術責任者であることから、エンジニアの元締めやAI・ロボット関連事業の技術責任者としての役割。

ITを利用する点に関しては各役職の共通点だといえますが、それぞれの役割を見てみると少しずつ違いが出ています。各役職の違いをしっかりと把握しましょう。

まとめ

「CIO」「CDO」「CTO」には共通してITを利用する点がありますがその役割を見てみると違いが明確になります。しかしながらCDOはCMOに役割も似ているなど似ている役職が多いのも事実です。しっかりと役職の違いを理解することで社内での混乱や社外の人との面会の際に混乱することを防ぐことができるでしょう。

最新情報をチェックしよう!