フリーランスの意味は?個人事業主とは違う?

フリーランスの意味とは

フリーランスとは、会社や組織に属すことなく個人で仕事を請け負う人の働き方のことをフリーランスと呼び、その人のことをフリーランサーと呼びます。ITの技術の進歩やクラウドソーシングサイトの規模が大きくなっていることによりその数は増加傾向にあります。

フリーランスの語源

フリーランスの語源は「フリー(free)」(自由)の意味と「ランス(lance)」(槍兵隊)の意味の二つの言葉からなる言葉です。その語源は、中世の時代まで遡ります。中世の時代のヨーロッパでは多くの傭兵団が存在し争いを行なっていましたが、中には組織に属さず自由に契約を結び争いに参加する傭兵がいました。

その傭兵を「自由(free)」な契約で参加する傭兵「槍騎兵(lance)」と呼ばれるようになりました。その言葉が現在のフリーランスの語源と言われています。

フリーランスには種類がある

フリーランスには種類が多くあります。エンジニア、デザイナー、ライターなどがあります。また、最近では動画クリエイター、カメラマンなどの数も多くなってきている現状があります。

フリーランスのなかでもITに関わる仕事が多いようです。フリーランスの仕事は自分の体が主体として収益を生むことができません。これはどの職種でも共通していることです。会社員とは違い毎月固定給である訳ではないのでやりがいがある働き方と呼べるかもしれません。

個人事業主とは違う

個人事業主の意味とは簡潔に言うと、法人化せずに個人で事業を行なっている人のことです。ですのでフリーランスと個人事業主の意味との間には大きな違いはありません。つまり、個人事業主とは個人で事業を行う「人」のことを呼びフリーランスは「働き方」を呼びます。

また、フリーランスで働く人をフリーランサーと呼びます。フリーランサーとは単発で組織や会社と契約を行い業務を行いますが、そのまま長期契約になるケースも多くあります。フリーランサーとして活動する以外の個人で事業をしている方を個人事業主と言います。

フリーランスの魅力

フリーランスと言う働き方は多くの魅力があります。またフリーランスの認知度は増えてきているのでフリーランスとしての活動も以前よりも活動しやすくなっていると言えるでしょう。ここではフリーランスで働くことによる魅力を紹介します。

スキル次第で可能性が広がる

フリーランスで働くことは自分の仕切るが何よりも大切になります。契約先が求めるものを達成することが最低条件になります。また契約先に魅力だと思われるように自分のポートフォリオなどを作成しておくと契約の際、契約先としてもわかりやすいので用意しておくと良いでしょう。

またライティング系の仕事、サイト開発、photoshopなどを利用したものだとクラウドソーシングサイトを利用した仕事の受注方法があります。クラウドソーシングサイトでは自分のポートフォリオなどが書き込め、クライアントへのアピールが可能となります。

直接契約を結ぶことができる

クラウドソーシングサイトなど仲介会社を通さずに直接契約を結ぶケースもあります。フリーカメラマンなど表現する職種はSNSを駆使しプロモーションする方法もあるでしょう。直接契約を結ぶことにより責任などは大きくなりますがその分仕事の熱量が衰えることは少ないでしょう。

直接契約を行う際には金銭的なトラブルやその他のトラブルを避けるために契約書が必要になる場合になる場合があります。そのようなトラブルを避けるためにもクライアントとよく話し合ってから業務に当たるようにすると良いでしょう。

ある程度時間の融通がきく

フリーランスであると会社員として働くわけではない為提示などの概念がありません。契約により期限等はありますが基本仕事は自分のペースで行うこになります。そのことにより、セルフマネジメント やタイムマネジメント能力が必須と言っても過言ではありません。きちんと自分で計画を立て達成に迎える方はフリーランスに向いていると言えるでしょう。

また、同じスペースでの業務ができない方はカフェやコアワーキングスペースなどをうまく使い気分転換を行いながら仕事に取り組むことができるのもフリーランスとしての魅力の一つでしょう。

新しい環境に挑戦できる

フリーランスでは仕事が変わるたびに新しい環境での人間関係での業務となるので仕事内容によっては仕事が変わるたびに新しい気持ちで仕事に取り掛かることが可能となります。

また、ITなどではなく動画クリエーターやカメラマンなどのフリーランサーは新しい環境での仕事が多くなるのでマンネリ化することが少ないでしょう。それに加え、直接契約の場合は自分の表現したい形が反映されることが多くあるでしょう。

フリーランスのリスク

フリーランスであることの魅力は数多くあります。しかし、それと同様にリスクも存在することも覚えておきましょう。一つが前述したクライアントとのトラブルです。

金銭面はもちろんその他の些細なトラブルも出来るだけ避けたいのが理想です。そのようにしないことが一番ですが直接取引の際には契約書などが必要となる可能性があります。クラウドソーシングサイトなどの仲介会社がいる場合には心配する必要はないでしょう。

報酬は自分次第で決まる

フリーランスであるリスクの一つとして報酬は自分が行動しないと生まれないことです。自分が業務を終えると報酬がクライアントから送金される形がほとんどでしょう。

自分が仕事をしなければ月収0円もあり得るということです。その反面自分が仕事を受注し期限までにこなしまた新しい仕事を受注できる形を作り上げることができたらある程度の報酬も見込めることもできます。

フリーランサーとして働く場合には、自分がどの程度仕事ができるかなどのセルフマネジメントやタイムマネジメントをしっかりと行い計画を立て業務にあたると効率的に物事を進めることができるでしょう。

仕事は自分で掴む

フリーランスとして働く以上仕事は自分で掴む必要があります。そのためには自分自身のスキルがとても重要になります。あまりスキルに関して自身がない人はクラウドソーシングサイトなどを利用すると自分のスキルが上がるので利用するのが良いでしょう。

また、フリーランスとしての活動を行うとスキルが伸びます。どの職種でもスキルアップは期待しても良いでしょう。

フリーランスの活動形態

フリーランスという働き方は大きく分けて2つの活動形態に分けることができます。一つ副業型フリーランスそしてもう一つが独立型フリーランスです。どちらの場合でもフリーランサーとして活動することができます。

副業型フリーランス

副業型フリーランスの活動形態として本業を持っており副業としてフリーランスの活動を行なっている活動形態を指します。

この活動形態は、本業としている会社が副業・複業OKとしていることやセルフマネジメント能力が大きく関わってくる為フリーランスとして活動する前に確認をとるのが良いでしょう。

また本業と副業としての仕事の両立はセルフマネジメントやタイムマネジメント などマネジメント能力が非常に大切となります。忙しい毎日にやりがいを感じたのしく過ごすことができる人は向いている形でしょう。

副業型フリーランスのメリット

メリットとしては本業での収入とフリーランスとしての収入により収入が増えることが挙げられます。本業だけの収入だけでは満足していないかたは副業としてフリーランスとして活動するのも手の一つです。

また、独立や起業の準備としてフリーランスとして活動する方法もあります。フリーランスとして軌道になるまでの間に副業として活動し独立する目処がたったら独立するという流れを作り上げることも可能です。

副業型フリーランスの注意点

注意点として挙げることができるのは、会社の規定についてです。上記記載の通り会社により就業規定が定められています。会社の就業規定に反して行う場合は多くのリスクを伴うことになります。会社での副業が可能の場合でも本業への影響が出ないようにマネジメントを行いましょう。

また、もう一つの注意点として確定申告を行う必要がある場合です。本業以外の収入となるので、フリーランスとしての報酬が一定以上を超えると確定申告を提出する必要があります。

独立型フリーランス

独立型フリーランスとは、副業ではなく本業としてフリーランスの収入で生計を立てている人を呼びます。副業型と同じく独立型フリーランスもメリットと注意点があります。これからフリーランスとしての収入で生計を立てようとしている方は確認しておくと良いでしょう。

独立型フリーランスのメリット

独立型フリーランスのメリットとしてあげることができるのは、時間の融通が可能となります。このことにより、プライベートの時間が多く確保できるでしょう。しかし、収入も気にしなければいけない為バランスを大切にすると良いでしょう。

また、定年退職という概念がなくなることもメリットの一つでしょう。会社院とは違い定年退職はありません。自分が仕事を多く行えば何歳でもそれに見合った報酬を受け取ることができます。また、軌道に乗れば法人化するという選択肢もあるので独立して活動するメリットは大いにあると言えるでしょう。

独立型フリーランスの注意点

注意点としては確定申告を行う必要があることです。事務業務として人によってはかなりの作業になるので独立型フリーランスとして働く方は注意が必要です。会計ソフトなどを使用し行うとスムーズに行くので使用すると効率的に進めることができます。

また、もう一つ注意点として社会的信用度が低い問題があります。理由としては、収入が不安定であると判断されるようです。クレジットカードや賃貸契約などの会社員であれば難なくおこなえる契約もフリーランスである為に難しくなる可能性もあります。

フリーランスになるには?

フリーランスに実際なるには特別な書類や必要でしょうか?ここでは実際にこれからフリーランスの活動を始めようとしている方に向けて必要なものなどを紹介します。

必要なものは?

フリーランスになる為に必要な書類や提出は特に決められていません。なのでフリーランスとして活動する為に必要な提出書類はないということになります。しかし、提出すると後に得をする書類があります。それは「開業届」です。

開業届を事業開始1ヶ月以内に税務署へ提出することで青色申告がでいるようになります。青色申告ができるようになると控除金額が大きくなるなどのメリットがあるのでこれからフリーランスとしての活動を考えている人は開業届を出すと良いでしょう。

また、仕事によっては機器やソフトも必要になってきます。クラウドソーシングサイトなどを利用する場合はクラアイアントが設定しているアプリを新たに取得する必要があるかもしれません。その都度ダウンロードや購入するなどをし、必要なものを揃えるようにしましょう。

独立の準備

フリーランスという仕事は副業型、独立型であれ自分次第で仕事が決まってしまうので、自分の気持ちが仕事に大きく関わります。フリーランスを行ううえで独立の意識を持ち行うと良いでしょう。

仕事の受注

フリーランスとして活動の準備が整ったら仕事の受注に取り掛かりましょう。上記でも説明の通りクラウドソーシングサイトを利用する行い方もありますが、フリーランスの活動の前に人脈やSNSをうまく駆使し、営業活動を行なっておくとフリーランスとしてのスタートダッシュが切りやすいでしょう。

また、クラウドソーシングサイトの中には、自分のポートフォリオを登録できるものがあります。ポートフォリオが魅力的であるとクライアント側から連絡が来る場合もあるのでプロフィール欄はしっかりと作り上げましょう。

フリーランスは新しい働き方

フリーランスという働き方はIT技術の進歩が大きく関わってきています。若年層だけではなく高年層にでも十分にフリーランスで稼ぐことができる時代なのです。しかし、当たり前ですがその分仕事も多くなるでしょう。

また、仕事によっては在宅での業務もたくさんあります。事情がありあまり家、特定の場所から出ることができない方でもフリーランスとして活動して稼ぐことができる可能性は十分にあります。一度フリーランスとして活動してみるのはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!